かさねとんかつ かつ銀ホーム

CALENDAR

 

とんかつ屋が教える、ヒレとロースの選び方

とんかつ屋が教える、ヒレとロースの選び方

 

ヒレとロースの基本:とんかつの二大主役

 

とんかつの主役と言えばヒレとロース。

それぞれのおいしさがあるので、選ぶときに今日はどちらにしようか迷ってしまいますよね。

実はお店でよく聞かれるのは、どっちがオススメ?と言う質問です。

次からトンカツ屋で自信を持って、「今日の注文は、これ!」選べるように

ヒレとロースの違いについてご説明します。

 

ロースかつの魅力:ジューシーさの秘密

とんかつと言えばロース。

昔から1番オーソドックスな部位です。

肩から背中にかけての大きな部位で、1頭から4.5キロ位が2本取れるお肉です。

1番の魅力はジューシーさ。

お肉の上に甘くて、ジューシーな脂が孤を描いている姿は、とても食欲をそそります。

 

とんかつとしてお肉の旨味とジューシーさを、最もバランスよく味わえるお肉です。

ヒレかつの特徴:何が違うのか

昔からヘレカツと言って、関西で特に好で食べられていました。

ヒレはとにかく希少な部位です。ロースの内側にあって、1頭から400から500グラムのヒレ肉が2本しか取れません。

味の特徴は最も柔らかいこと。

体の内側の部分だからか、脂が少なくきめ細かい繊細なお肉です。

よく聞くシャトーブリアンと言うのは、このヒレ肉の1番柔らかくおいしい部分です。

脂が強いのが苦手でさっぱりと、でもお肉の旨味はしっかりと味わいたい。

そういった方はヒレ肉がオススメです。

脂身の重要性:ロースの選び方

ロースを選ぶならば、脂いただきたいですよね。

本当においしいロースは、とんかつにすると脂が甘くなるんですね。

衣で包まれて、ゆっくりゆっくりと火をいれた脂は美しく透き通り、

甘みが引き出されて、まるでとろけるような食感になります。

ロースによく合うのは、カツ銀の自家製とんかつソース。

ジューシーなお肉に負けないように、ソースが

とんかつの味をまとめてくれます。

 

触感で選ぶ:肉の柔らかさと品質

お肉の柔らかさときめ細やかさを味わうならば、ダントツヒレ肉がお勧めです。

淡白なイメージの方もいらっしゃるかもしれませんが、丁寧に衣をつけて揚げたヒレカツは中に肉汁が閉じこめられて、

ロースとはまた違った旨味を感じることができます。

 

お勧めの食べ方は、お塩やお醤油。

もちろんソースでもおいしいのですが、お肉の優しい柔らかさや、さっぱりとした中での旨味を感じるのには、シンプルな食べ方もぴったりです。

かつ銀では卓上に岩塩をご用意していたり、ごはん処にはおいしいお醤油をご用意しています。

ひときれ残して、ぜひお試しになってみてください。

特別な契約農場で作る、「銀丸三玄麦豚」

かつ銀のお肉は、銀丸三玄麦豚。

特別な契約農場で生産している、かつ銀専用の銘柄豚です。

生産者さんと一緒に、試行錯誤を重ねてたどり着いた銘柄。

麦の割合が多い、特別な飼料で育てているので、お肉の味がとても濃く美味しくなります。

脂はとても豊かに。甘みと旨味が美味しく感じられる肉質は、まさにとんかつのために作られたようなお肉です。

まるで、一頭買いをしたかのように一次加工もオーダーメイドに対応してくれています。

ロースが1番美味しく食べられるような、赤みと背脂のバランス。

とんかつ専用にロース肉を切り出しているので、できることです。

 

トレーサビリティーはしっかりと確保して、安心して召し上がっていただける、素晴らしいパートナーと巡り会えました。

 

【そんな銀丸三玄麦豚のとんかつが食べられるお店は…】

 

かつ銀沼津東椎路店  〒410-0302 静岡県沼津市東椎路464−1
かつ銀静岡SBS通り店  〒422-8047 静岡県静岡市駿河区中村町225−1
かつ銀大井川グランリバー店  〒421-0218 静岡県焼津市下江留1322
かつ銀富士青島店  〒417-0047 静岡県富士市青島町277
かつ銀富士宮阿幸地店  〒418-0071 静岡県富士宮市東阿幸地698
かつ銀三島北上店  〒411-0044 静岡県三島市徳倉899−3

店舗紹介