かさねとんかつ かつ銀ホーム

CALENDAR

聖路加国際病院小児総合医療センター長、細谷亮太さんの『きっと「大丈夫」』という本、読みました!

聖路加国際病院小児総合医療センター長、細谷亮太さんのとても素敵な本、読みました♪

*************



【きっと大丈夫】



いつの頃から、私も診療を終えた子どもたちに、必ず「大丈夫。」と言っているようです。



私はこれまで、友人にだまされて借金ができても、子どもが受験でうまくいかなくても、「どうにかなるだろう」と思って暮らしてきました。


今後、何か起こるかもしれないけど、それでも、「まあ、大丈夫だろう」という根拠のない大丈夫感には自信があります。


けれども、大丈夫だと思って何もしなかったわけではありません。


私たちが育った時代は、なんでもある豊かな現代とは根本的に違いました。


日本全体が貧しく、学校にお弁当を持ってこられない子もいました。



子どもの周囲も危険がいっぱいでした。


私自身のことでいえば井戸に落ちて死にそうになったりしたこともあります。


さまざまなな悲しいことやつらいことがありながらも、私自身それなりに人事を尽くしてきたと思っています。



人間は、常にさまざまな状況に直面します。


そんなときに、「もうだめだ、もうだめだ」と思っても大丈夫だったから、その人は今まで生きているわけです。


「もうだめだ」と思うよりは、「大丈夫」と思って生きているほうが絶対にいい。



「大丈夫、大丈夫」と言うときに、私たちは「大丈夫。」の中にお祈りの気持ちを込めていいます。


そういうお祈りの気持ちが入っているような「大丈夫。」が与える信頼感で結ばれた人間と人間のつながりが、とても重要だと思います。


不安や疑問を抱いている人にとっては、大丈夫感を持つ人から「大丈夫。」と言ってもらえることが安心のもとなのです。


だから、「大丈夫。」もお祈りの一つなのです。



『きっと「大丈夫。」』致知出版社



*************

たしかに「もうだめだ」と思うよりは、「大丈夫」と思って生きているほうがいいですよね!



今日もがんばります♪



*************



▼かつ銀のfacebookページできました!
https://www.facebook.com/katsugin